でもその場合は

自己破産手続きで債務に関しその保証人がいる場合にはきちんと相談をしておいたほうが無難です。格安スマホに移行するためのMVNO選択

再度、強調しておきますがほかに保証人が付いているときは破産宣告をする前に前もって考えなければいけません。ロスミンローヤル 効果 なし

その理由はあなた自身が破産手続きを出してOKが出れば保証人となる人が借金を全部払う必要があるからです。

ですので、破産の前段階で保証人に、それらの経緯や現状について説明し謝罪の一つも述べなければならないでしょう。

それはあなたの保証人の立場からすると当然のことです。

あなたが破産の手続きをするために、とたんに大きな支払い義務がふりかかるのですから。

そうすると、以降の保証人となる人の考慮する選択肢は次に示す4つです。

まず1つめですが、保証人となる人が「全部返済する」という手段です。

保証人である人がすぐにでも数百万もの負債を問題なく完済できるようなお金を持っていれば、可能です。

でもその場合は、あえて破産の手続きをせずに保証人となる人に借金して、あなた自身はあなたの保証人に月々一定額を返していくということもできるかと思います。

保証人がもし関係が良いのならばある程度弁済期間を長くしてもらうことも可能かもしれません。

いっぽうでまとめて弁済できなくても、金融業者も相談により分割払いに応じるかもしれません。

その保証人にも自己破産を行われると、貸したお金がまったく手に入らない可能性があるからです。

もし保証人が保証した返済額を代わりに背負う財産がない場合は、お金を借りたあなたと同じようにいずれかの借金の整理を選ばなくてはなりません。

続いては「任意整理」によって処理することです。

この方法の場合債権者と話す方法により、数年の期間で完済していく形を取ります。

弁護士事務所にお願いするときのかかる経費は債権者1社ごとに4万円。

もし7社から債務がある場合28万円かかることになります。

貸方との交渉は自分でやることも不可能ではないですがこの分野の知識がない方の場合債権者があなたにとっては不利な条件を投げてくるので、注意が必要です。

それと、任意整理で処理するということはあなたの保証人に借り入れを払ってもらうわけですから、あなた自身は時間がかかるとしてもその人に返済を続けていく必要があります。

続いて3つめはあなたの保証人も破産した人といっしょに「破産手続きをする」ということです。

借金した人と同じように破産宣告すれば保証人である人の債務も返さなくて良いことになります。

ただし、保証人がもし有価証券等を持っている場合は個人資産を没収されてしまいますし、資格制限がある仕事をしている場合は影響が出ることは必須です。

個人再生制度を利用できます。

一番最後の4つめの選択肢は、「個人再生による手続きを取る」ようにします。

不動産を処分せずに負債整理をする場合や、自己破産では制限がかかるお仕事にたずさわっている人に検討していただきたいのが個人再生による整理です。

この手段なら自分の住宅は処分する必要はありませんし破産手続きのような職種にかかる制限、資格に影響する制限等はありません。