同じ通貨ペアでもその時間帯の相場の条件によって

「スプレッド」とは外為取引は外貨を取引して利ざやを上げる商取引です。

買ったり売ったりの値段は、いつも動いています。

それが為替です。

ラジオのニュースを聞いていると、通貨の為替相場のニュースが流れる時があります。

よくあるのが「ただいまのマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを提示しています。

つまり、買いと売りの両方の価格が存在します。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現している業者もあります。

いつもは買値よりも売値が安くなるものです。

投資家が買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

この差分をスプレッドといい取引会社の収益の一部になっています。

スプレッドの幅は業者によって違います。

スプレッドの差は自分にとって手数料になるので小さい業者をセレクトしたほうが得します。

ただ、同じFX会社でも場面によってスプレッドは変わります。

もしもドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドの広さでも相場の変化がとても激しい状態では広くなったりする場合があります。

という事で、スプレッドが狭いのと同じくらい、変化が小さい事が大事です。

最近では変化しないスプレッドを見せるFX取引会社も多数存在します。

実際にFX業者の取引画面で実際のレートを確かめなければ判断できないので億劫ですが重要な事です。

重要な投資資金を預けて売買をしますので、本当のトレードの前に、気になるFX取引会社の新しい口座開設を積極的にして、提示されているスプレッドを確認しましょう。

同じ通貨ペアでもその時間帯の相場の条件によって、外貨のスプレッドの狭さは異なる場合があります。

たいがい、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い外貨ではスプレッド幅が狭く残りの通貨ではスプレッドの広さが広がるのが一般的です。