例示したとおり

普通の初めての方向けのFXの本では、「マイナスになった場面ではナンピン買いをすることでポジションのコストを抑える」などと書かれていると思いますが実際はそこには相当大きなリスクがあると考えます。シミ 美白

まず最初に、ナンピン買いの原理に関して記述しておきます。毛穴 皮脂

例として100円で1ドルを買ったとします。空き地利用 太陽光発電

ドル買いですから、円安ドル高になれば黒字が大きくなりますが、思い通りに行かず1ドル=95円まで円高方向に触れたとします。外壁塗装 自社施工

このままの状況で保持し続けたとしたら損失が戻るためにはドル安になった分円安ドル高が進まなければなりません。太陽光発電とは

誰もが、赤字は早めにリカバリしたいと願うでしょう。太陽光発電 寿命

ここで最初に売買したのと同じ分のドルを、買い増します。生理前症候群 症状

それによって、全体の価格は97円50銭まで引き下げることができます。太陽光発電 買取制度

言い換えると、2.50円の幅でドル高に向えば損失を回復する事ができます。生酵素 ダイエット

これが、ナンピン買いの理論です。生酵素 人気

ナンピン買いの原理を耳にすると「確かに」という考えになるが、外国為替市場はそう簡単には問屋を卸しません。

だいたい、1ドル=95円以下にならないとは、なんびとも想像できません。

仮定として、為替が相当に強い円高基調であれば、1ドル=95円ではとまらずより一層円高になる危険性があります。

ひとつの例として、97.50円でナンピンをしたにもかかわらず1ドル=95円までドル安に向ったら、ナンピン買いをした分についても、差損が生じてしまいます。

その状況では、一番初めに持ったポジションと全部で為替差損が生まれます。

例示したとおり、ナンピン買いは難解です。

それでは、マーケットがシナリオとは逆向きに素早く進んだ場合どんな対応で危険性を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では選べる道は2つしかありません。

最初のひとつは潔くあきらめて損切りをする事です。

もうひとつの方法としては、その段階で、自分か持っているポジションを縮小することでもう一度為替が元のようになるのを待ち望む事だけです。

だいぶ主体性のない手法だと思う方もいます。

だが、自分が所有している買いポジションに為替差損が生じた時、最もリスクが低いやり方はそれ以外には考えられません。

確かに、机上ではナンピンをする手段も効果的です。

けれどもナンピンは、あなた自身が損をしている場面にもかかわらず、ポジションを整理するどころか逆にポジションを積んでいく手段です。

この考え方では、危機をコントロールすることなど、どうやってもできないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばやがては損失が回復するかもしれません。

でも、それ以前に投資資金は不足してしまいます。